ちこちこの・乳癌・わたし的日々

RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS
#'11・5・15 対光反射の、麻痺?瞬間的、瞳孔散大?
JUGEMテーマ:日記・一般

人は、死が近づくと、瞳孔の対光反射が、鈍くなる。


死の直前には、瞳孔は、開きっぱなしで、それを、瞳孔散大という。


猫の目を思うと、わかりやすい。


まぶしい時は、瞳孔が、線のように細くなる。


人も、絶えず、瞳孔を調節して、眼を通して入る光の量を、調整する。


w21


私が、線路に転落した時の、あの眩しさ。


雲の上を、歩いてるかのように、すべてが、真っ白で、ただ、眩しいだけ。


私の、根拠のない推測だが、瞬間的に、瞳孔の対光反射が、麻痺したのでは


瞳孔散大。  それに近い、何かが起きた気がする。


w22


眩しい、光の中に、すぅっと、吸い込まれてゆく、あの、不思議な瞬間。


心は、トリップして、恐怖は全くなく、むしろ、心地よい。


死んだことがないから、良くわからないけど、もしかして・・・。


死に向かう瞬間は、あんな感じなのかもしれない。



PS: お電話を頂いても、今は、出られる状態ではありません。


ごめんなさい。   出られない訳は、また、記します。


当ページに掲載の画像(写真)の無断転載を禁じます。 画像(写真)の一部または全部を
著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で複製することはできません。
著作権者の許諾を得ずにホームページに転載すれば著作権法違反になります
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (c) 2011 chikochiko. All rights reserved.
2011.05.15 Sunday ... comments(11) / trackbacks(0)
#Comment








はじめまして。4年半前の乳がん手術以来 ちこちこちゃんの大ファンです。
文も写真も大好きです。
4月30日に久しぶりに更新されたのを見つけたときの嬉しかったこと。
どうぞ無理をなさらずにね。
| こうこ | 2011/05/16 2:49 AM |
<こうこさま>
はじめまして。コメント有難うございます。
ご心配、おかけしました。
もう、半年も触っていないカメラだけど。そう言って頂くと、そのうちまた、撮影できそうな気がします。
| オグリ | 2011/05/17 8:56 AM |
ちこちゃん、大丈夫?ずっと気になってるんだけどなんてコメントしていいかわからなくて記事だけを読んでました。

くれぐれも無理のないように。
| せっちゃん | 2011/05/17 9:23 PM |
久しぶりにお邪魔しました(*^_^*)

・・いろいろあったんですね(><。)。。

「生きる」ということは本当に大変な事ですね。
でも人間いつか必ず100%亡くなります。その日に後悔しないように私は生きていきたいと思っています。
| kazu | 2011/05/18 8:12 AM |
はじめまして 2月下旬より抗がん剤治療中で9月に手術予定です 副作用で体調不良や不安のなかちこちこさんのブログで励まされたり勉強になったり ちこちこさんが大好きになりました 更新されたブログを見たときは嬉しくて安心して声をあげて泣いちゃいました 無理しないで下さいね 回復されることを心から祈ってます
| たわわ | 2011/05/19 8:40 AM |
<せっちゃんさま>
ご心配、ありがとう。
うつ病の薬のコントロールが、やや効き始めた感じです。
せっちゃんも、大変なことばかりだけど、よくやってるなぁって、いつも感心してます。
| ちこちこ | 2011/05/20 7:21 AM |
<kazuさま>
私のことを覚えてくださっていて、ありがとう。
いつか必ず死に、終わりを迎えるんだってわかっていても、こうなってしまうのがうつ病なんですね。治療に、はげみます。
| ちこちこ | 2011/05/20 7:24 AM |
<たわわさま>
有難う。長い間、更新が出来なくて、でも、そんなにご心配頂いていたとは、ありがたいです。
まだまだ、書けずにいるけど、色んなことが団子になって押し寄せて、私は激流に流されてしまいました。
| ちこちこ | 2011/05/20 7:27 AM |
始めまして!おとといあたりから、始めの頃から順番に読ませてもらっています

今年1月末に左乳房を部分切除、放射線終了、抗内分泌療法を1ヶ月ほど前からはじめました
医師によると、副作用には個人差があり、アリミデックスの副作用についてはほとんど聞かされずに、骨密度に関しての心配を言われて検査をして、私は太っているので結果は立派なものでしたので、心配はいらないとそれだけでした
放射線では周囲の患者さんのなかで多分一番重症に腋全域、乳首は2度剥け1ヶ月以上かかって何とか落ち着きましたが、なんだか、精神的に鬱傾向が強くなってきて、周囲の心配もうっとうしい時もあるので、あれこれ調べていて、確かにかなり副作用として現れることを知りました
ちこちこさんが、今苦しんでいらっしゃることを読みました

あなたの闘病記は私自身がこれから迎えることになるさまざまに対する不安を、随分軽くしてくれます

今、楽に会えるのは肺がんを最近2年続けて発見されて手術したパニック障害ももつ友人です

おつらいときもきっと周囲の方々に頼られれば、お応えにならないではいられないちこちこさんなのでしょう

あなたがいらしてくださるだけで、きっと多くの乳がん患者さん方を励ましてくださいます

欝は人間の体の一部がなにかの刺激で作用するもの
心のあり方や生きかたに問題があるのではなく、ましてクスリの副作用であればやりすごすしかない

ぼちぼち 闘ってやりましょう
力を抜いて、楽しいことを少しでも捜しながら

私もこの3,4年天中殺かと思うくらいあれこれと起こりました
ちこちこさんにとっての激流、アップアップしながらでも、やはり年寄りがいつも言ってくれる「時がクスリ」というふうになるといいですねえ
| ごろにゃんこ | 2011/05/20 3:58 PM |
<ごろにゃんこさま>
お返事がとんでしまい、ごめんなさい。
こんなしょぼい私の日記が、少しでもお役に立てるなら、私こそあなたに、ありがとうと言いたいです。
これから、思わぬ出来事があると思います。
私のように重症にならないで、順調なご経過を、お祈りしています。励みになります。ありがとう。
| ちこちこ | 2011/06/09 12:40 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/01/20 1:15 AM |
#Trackback
Trackback URL: http://chiko-chiko.jugem.jp/trackback/936
<< NEW | TOP | OLD>>